A

空間の快適性を左右する「平均輻射温度」を上げ下げできる目安として、最低限50%以上の天井敷設率が必要です。天井には照明などの設備も入りますから最大敷設率は70〜80%です。
快適さとコストのバランスや、輻射パネル以外の周辺機器との関係を勘案して最適な敷設率にすることが大切ですので、詳しくはお問い合わせください。