A

制御区分計画(ゾーニング)を行うことで可能です。輻射空調工事ではレイアウト変更や間仕切りの増設など、将来的な計画を盛り込んだ設備設計が望まれます。