A

既存設備が冷温水を使用しているシステムであれば利用可能です。夏期16℃、冬期34℃の冷温水を、熱交換器を介して輻射パネルに供給できれば、熱原の機種や仕様は限定しません。