A

輻射冷暖房の最大の特長は「省エネ」、「快適性」、「健康性」です。こうした特長から、最適な用途としてはオフィスビル、医療機関、福祉施設、教育・研究機関、図書館などが挙げられます。
オフィスビルはZEB(ゼロエネルギービル)化を目指しており、今後、ますます省エネが必須条件になるでしょう。知的生産性の向上を目指すためにも、ワーカーにとって快適かつ集中できる環境が求められるものと思われます。
医療機関や福祉施設は体の弱い方が長時間滞在するため、輻射空調のように穏やかで不快な気流がほとんどなく、身体に優しい空調が向いています。
教育•研究機関や図書館では、輻射空調の静かさや快適性が集中力を高めるのに役立ちます。