輻射式冷暖房は健康・快適・安心・省エネ・メンテナンスフリーのテーマから生まれた、人と地球に最もやさしい次世代冷暖房です。
事例
  • HOME »
  • 事例 »
  • よくある質問

よくある質問

Q1 輻射空調はどんな用途に最適か

A輻射冷暖房の最大の特長は「省エネ」、「快適性」、「健康性」です。こうした特長から、最適な用途としてはオフィスビル、医療機関、福祉施設、教育・研究機関、図書館などが挙げられます。 オフィスビルはZEB(ゼロエネルギービル) …

Q2 輻射空調に向いていない用途は?

Aサーバー室、機械室など、熱負荷の高いスペースには向きません。 また、天井が高い体育館や劇場ホールなどは天井輻射パネルの輻射効果が減少するため、採用には十分な検討が必要です。たとえば、同じ照明器具を天井に設置しても天井の高 …

Q3 天井から水漏れすることはないか

A漏水の心配はありません。少なくともトヨックスでは約17年前から輻射空調を施工しており、国内の施工物件は72件になりますが、現在まで漏水事故は全く起こっていません。 漏水事故がないように配管設計は十分に検討されており、配管 …

Q4 天井輻射パネルの地震対策は?

Aトヨックスの例をとりますと、天井輻射パネルに落下防止用の4点吊りワイヤーを取り付けています。ですから、万が一パネルが天井フレームから外れても頭上に落下することはありません。大手ゼネコンが所有する国内最大級の振動試験機(東 …

Q5 冷房時に天井パネルに結露しないか

A室内空気の露点(結露が始まる温度)を管理することで結露を防止することができます。輻射パネルで露点の制御はできないので、通常は露点制御機能をもった空調機で対応しています。 湿度の高いときに窓を開放しつづけたり、短時間に在室 …

Q6 輻射空調の立ち上りまでの時間は?

A室内の条件にもよりますが、概ね30分〜40分程度で、60分あれば十分です。今までの輻射空調方式より立ち上がり時間はかなり短縮されています。実際の運用ではタイマーなどで事前運転します。 また、輻射空調と躯体蓄熱システムを組 …

Q7 天井暖房では頭や顔がほてるのでは?

A通常、暖房時の天井パネルの表面温度は30℃程度ですが、輻射の特性として、居住域となる足元から頭上まで20℃前後の均一な室温に保たれます(垂直温度分布参照)。そのため、頭や顔がほてるようなことはありません。実際に、体感者様 …

Q8 メンテナンスの頻度と内容は?

A天井輻射パネル自体のメンテナンスは基本的に不要です。これは天井輻射パネルの大きな特長です。 ただし、輻射パネルに送水するための配管に付随するポンプ・タンク・バルブ、計器類はそれぞれの法定基準に基づき、15年~20年程度で …

Q9 輻射空調の設備寿命は何年くらいか

A輻射空調パネルの設計寿命は一般的に30年以上といわれています。ただし、配管付随部品や消耗材については前述Q8のとおりです。

1 2 »

新着ニュース

Q1 輻射空調はどんな用途に最適か

輻射冷暖房の最大の特長は「省エネ」、「快適性」、「健康性」です。こうした特長から、最適な用途としてはオフィスビル、医療機関、福祉施設、教育・研究機関、図書館などが挙げられます。 オフィスビルはZEB(ゼロエネルギービル) …

Q2 輻射空調に向いていない用途は?

サーバー室、機械室など、熱負荷の高いスペースには向きません。 また、天井が高い体育館や劇場ホールなどは天井輻射パネルの輻射効果が減少するため、採用には十分な検討が必要です。たとえば、同じ照明器具を天井に設置しても天井の高 …

Q3 天井から水漏れすることはないか

漏水の心配はありません。少なくともトヨックスでは約17年前から輻射空調を施工しており、国内の施工物件は72件になりますが、現在まで漏水事故は全く起こっていません。 漏水事故がないように配管設計は十分に検討されており、配管 …

Q4 天井輻射パネルの地震対策は?

トヨックスの例をとりますと、天井輻射パネルに落下防止用の4点吊りワイヤーを取り付けています。ですから、万が一パネルが天井フレームから外れても頭上に落下することはありません。大手ゼネコンが所有する国内最大級の振動試験機(東 …

Q5 冷房時に天井パネルに結露しないか

室内空気の露点(結露が始まる温度)を管理することで結露を防止することができます。輻射パネルで露点の制御はできないので、通常は露点制御機能をもった空調機で対応しています。 湿度の高いときに窓を開放しつづけたり、短時間に在室 …

Q6 輻射空調の立ち上りまでの時間は?

室内の条件にもよりますが、概ね30分〜40分程度で、60分あれば十分です。今までの輻射空調方式より立ち上がり時間はかなり短縮されています。実際の運用ではタイマーなどで事前運転します。 また、輻射空調と躯体蓄熱システムを組 …

Q7 天井暖房では頭や顔がほてるのでは?

通常、暖房時の天井パネルの表面温度は30℃程度ですが、輻射の特性として、居住域となる足元から頭上まで20℃前後の均一な室温に保たれます(垂直温度分布参照)。そのため、頭や顔がほてるようなことはありません。実際に、体感者様 …

Q8 メンテナンスの頻度と内容は?

天井輻射パネル自体のメンテナンスは基本的に不要です。これは天井輻射パネルの大きな特長です。 ただし、輻射パネルに送水するための配管に付随するポンプ・タンク・バルブ、計器類はそれぞれの法定基準に基づき、15年~20年程度で …

Q9 輻射空調の設備寿命は何年くらいか

輻射空調パネルの設計寿命は一般的に30年以上といわれています。ただし、配管付随部品や消耗材については前述Q8のとおりです。

1 2 »